【基本がわかる用語解説】 DRAMとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「DRAM」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.DRAMとは?

DRAMは英語で[Dynamic Random Access Memory]と書きます。
RAMとはCPUのための記憶装置で、データの読み書きは自由ですが電源を落とすとデータが消える揮発性メモリです
それがダイナミック(動的)になるわけです。
…これではよくわかりませんね。
順番に説明していきます。

まず、DRAMの中にはコンデンサという電荷を蓄えること(電気をためる)ができる素子が多く使用されています。
そもそもの話、データは「0」と「1」の羅列で表現されます。
よくコンピュータで10101110みたいな表現がされているでしょう?

DRAMの場合、コンデンサ一個一個がそのデータの「0」と「1」を表す役割を持っているのです。

コンデンサに電荷が蓄えられている時は「1」、電荷が蓄えられていない時は「0」という具合にです。
10101110ならコンデンサが8個用意されているわけです。

なのですが、このコンデンサに蓄えられた電荷は時間経過と共に失われていきます
つまり、本来10101110であったとしても、放っておくと勝手に00000000になってしまうのです
これでは困りますよね?
ということで、DRAMは定期的に電荷を更新して記録を保持する必要があります
物忘れが激しいメモリだから定期的に記憶を補完してあげる必要があるということです。

このように、常に充電放電を繰り返しているのでダイナミック(動的)と称しているわけです
そんな特性を持っているので、「1」のまま保持したければ充電し続ければいいわけですし、「1」から「0」に変化させたければ充電を止めればいいわけです。
ある意味合理的ですね。

ちなみに、この電荷を更新する作業のことをリフレッシュ(記録保持動作)と呼びます。

そんな特性を持っているので長期的な記録には向かず、一時的な情報処理用途にしか使えません
常にリフレッシュしているので消費電力は大きいですし、データの読み書きに時間がかかるというデメリットもあります。

では、何故そんなメモリが存在するのかというと、回路構造が単純なので低コストで大容量のメモリを作れるからです
その為、コストと容量を重視される場面ではDRAMを使用していることが多々あります。

RAMの種類にはDRAMの他にSRAMというものがあり、SRAMはリフレッシュが不要だったりします。
特性は一長一短ですけどね。

「0」と「1」の羅列がそもそもよくわからないという方は以下の記事を参考にしてみてください。
論理回路の領分に入るので、キチンと理解したいなら順番に読むことを推奨します。

【基礎から学ぶ論理回路】 アナログとデジタルの違い ~論理回路を学ぶ前提知識~
電気初心者の方でもわかりやすいようにイメージを意識してまとめてみました。今回はアナログとデジタルの違いについてです。

3.まとめ

DRAMとは、常にデータを更新しなければデータが消えるRAMです。
電源を落とすとデータは消えます。

以上、「DRAM」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました