【基本がわかる用語解説】 EEPROMとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「EEPROM」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.EEPROMとは?

EEPROMとは、電気的にデータの読み書きが可能なメモリのことです。
不揮発性メモリ(電源を落としてもデータを保持するメモリ)でもあります

EEPROMとは、電気的に内容の書き換え・データの消去が可能になったEPROMのことを指します
EPROMを改善してできたのがEEPROMです。

EPROMとは、専用の機器を使用してデータの書き込みが一定回数可能なPROM(専用の機器を使用してデータの書き込みが可能なROM)のことです。
ROMは読み取り専用メモリのことです。
『読み取り専用メモリに書き込みが可能?』というツッコミは不要です。ROMが進化した末にできたものなので、名前がROMのままなんですよ。

EPROMのデータを消去する為には紫外線照射装置が必要でした。
なので、データを書き換える為にはEPROMを一度装置から取り外す必要がありました。
それに対し、読み書きを電気的に行えるようにすることで取り外す必要性がなくなったのがEEPROMです
電気的な読み書きには専用の機器が不要になっているという点も進歩しています。

英語で[Electrically Erasable Programable Read Only Memory]と書きます。
名称通り消去方法が”電気的”になったEPROMということですね。

まとめると、ROM→PROM→EPROM→EEPROMという順番で進化をしていったわけです

ちなみに、更にEEPROMを改良することでフラッシュメモリ(SDカードUSBメモリなど)が誕生しています

EEPROMまではコンピュータ補助記憶装置(メインメモリを補助する側のメモリ)として使われていましたが、フラッシュメモリを使ったSSDなどはメインメモリとしても使われるようになっています。
その為か、フラッシュメモリの分類はRAM(データの読み書きは可能だけど電源を落とすとデータが消えるメモリ)でもROMでもない微妙な立ち位置になっています。

ROMの分類は無駄に多いので、簡単なイメージを以下にまとめました。

ROM

読み取り専用メモリとして開発。
技術が進歩したので名前に反して書き込みが可能になっている。
ROMの中にMROMとPROMという分類がある。

詳しくはこちら

MROM

初期に開発された本当の意味での読み取り専用メモリのこと。
製造工程でデータを書き込んで以降は一切の書き込みが不可能。

詳しくはこちら

PROM

MROMだと汎用性が無いので、購入者が自分でデータを書き込めるようなROMを開発してできた。
PROMの中にOTPROMとEPROMという分類がある。

詳しくはこちら

OTPROM

PROMの中でも、データの書き込みが一度だけ可能なものをOTPROMと呼ぶようになった。
本来の意味でROMと呼べるギリギリライン。
おそらくEPROMより先にこちらが開発されたのではないかと思われる。

詳しくはこちら

EPROM

PROMの中でも、データの書き込みが一定数可能なものをEPROMと呼ぶようになった。
Read Onlyという概念は消し飛び、もはやROMとは言えなくなる。
専用機器が必要な上、EPROMを機器から取り外さなければいけないという問題点はある。

詳しくはこちら

EEPROM

EPROMの問題点を解消して自由にデータの読み書きができるようになった。

ROMの分類

3.まとめ

EEPROMとは、電気的にデータの読み書きが可能な不揮発性メモリです。
コンピュータの補助記憶装置として使用されます。

以上、「EEPROM」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました