【基本がわかる用語解説】 HDDとは?ハードディスクとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「HDD(ハードディスク)」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.HDD(ハードディスク)とは?

HDDは英語で[Hard Disk Drive]と書きます。
直訳すると[硬い円盤の記憶媒体]です。

いわゆるハードディスクがHDDです。

HDDとは、コンピュータのデータやプログラムを保存することができる記憶装置です。
OSアプリケーションなんかもHDDに保存されています。

HDDは不揮発性メモリで、電源を切っても中のデータが消えることはありません
なので、写真・音楽・動画なんかはハードディスクに保存されています。
電源切った拍子にそれらの保存したデータが消えたら使い物にならないですからね。

内部構成は結構単純です。
原理は磁気を応用してるということ以外素人にはわかりませんけどね。

まず、データを記録する用のプラッタと呼ばれる磁性体の塗られた円盤ディスクが複数枚入っています。
プラッタはモータによって高速回転させられていて、そこに磁気ヘッドと呼ばれる部品を使って直接データを書き込んでいきます。
磁気を使ってるので直接触れるわけではないですよ?
やっていることはこれだけです。

よくHDDと比較対象にされる記憶媒体にSSDというものがあります。
特徴を比較すると以下のようになります。

HDDSSD
容量
省スペース
コスト
衝撃耐性
省電力
静音性
デザインの自由度

HDDは、プラッタが複数枚入っているだけあって、でかくて壊れやすいです
高速回転してるプラッタに電磁ヘッドが接触したら目も当てられないですからね。
[硬い円盤]とは言ってますが、壊れにくいなんて言ってませんから。
後は、磁気ヘッドの移動時間やプラッタの回転待ち時間があるので、書き込みの速度はSSDと比較すると遅いです
デザインに関しては、プラッタ(結構でかい)が入っているので全部四角くなるんですよ。

それに対して、SSDは容量とコストがイマイチです
そこは今後の技術力向上に期待ですね。
それ以外は軒並みHDDより高水準です。
ただ、SSDは頻繁にデータを書き換える場合、その分大きく寿命が縮みます。

以前はPCといったらHDDが主流だったのですが、最近はSSDが搭載された製品も増えてきています。
特に、スマートフォン・タブレットPC・ノートPCなどの小型化を求められているコンピュータは、小型・省電力・低発熱量のSSDが好まれています。

3.まとめ

HDD(ハードディスク)とは、コンピュータのデータやプログラムを保存することができる記憶装置のことです。

以上、「HDD(ハードディスク)」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました