【基本がわかる用語解説】 MACアドレスとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「MACアドレス」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.MACアドレスとは?

MACアドレスの”MAC”とは、[Media Access Control]のことです。
そのまま訳すと[メディアのアクセスを制御するアドレス]になります。
ここで言うメディアは”情報を伝達するもの”を指していて、ネットワーク機器に割り当てられた固有の識別番号のことをMACアドレスと呼びます。

例えば、PCルータの場合は有線LANと無線LANにそれぞれ別のMACアドレスが割り振られていますし、スマートフォンやゲーム機なんかにもMACアドレスが割り振られています。
何かしらの通信機器には全部割り振られているんです。

MACアドレスは通常12桁の16進数で表現されます。

A1:B2:C3:D4:E5:F6

上記のような数字の羅列になっています。
「:(コロン)」の場合もあれば、「-(ハイフン)」の場合もあるようです。

前半の6桁(A1:B2:C3部分)は製品のメーカを表すアドレスで、ベンダーIDと呼びます。
後半の6桁(D4:E5:F6)が製品に個々に割り振られたアドレスとなっています。
「A1:B2:C3」から始まるMACアドレスを持つ製品は、全て同じメーカが作った製品だということです
後半6桁は重複しないようにしてあるので、ある製品が持っているMACアドレスは唯一無二のものとなります。
ただし、MACアドレスを変更する方法も一応存在するので、もし故意に変更していたら重複する可能性はあります。
工場出荷時点でROMに書き込むので、普通は変更しませんけどね。

WindowsのPCの場合、「設定」→「ネットワークとインターネット」→「状態」→「ハードウェアと接続のプロパティを表示する」と選択していくと物理アドレス(MAC)という形で表示されているのを確認できます。
有線のイーサネット接続用のMACアドレス、Bluetooth用のMACアドレス、Wi-Fi用のMACアドレス…という具合に、個々の通信ごとに全部バラバラになっています。
要は、特定の通信をするためのポートは全てMACアドレスというわけです。

ちなみに、私は最初OSMacが関係しているアドレスか何かなのかと漠然と思っていました。
調べてみたら全く関係無かったよ!

3.まとめ

MACアドレスとは、ネットワーク機器に割り当てられた固有の識別番号のことです。
IPアドレスと意味が似通っているので、以下の記事も参考にしてみてください。

【Windows PCの雑学】 MACアドレスとIPアドレスの違いとは?
PCを使用していると、何かしら変な現象に見舞われたり、何なのかよくわからない機能が存在したりしますよね?本記事では、そんなちょっとした問題に直面した際の対処法や疑問の解消を目的として、わかりやすくまとめていけたらと思っています。今回はMACアドレスとIPアドレスの違いについてです。

以上、「MACアドレス」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました