【基本がわかる用語解説】 RAMとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「RAM」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.RAMとは?

RAMとは、英語で[Random Access Memory]です。
ランダムアクセスできるメモリです。

メモリとは、コンピュータデータプログラムを保存することができる記憶装置のことです。
ランダムアクセスが可能というのは、わかりやすく言うとデータの読み書きが自由だということです
本来の意味では、他のメモリ(記憶装置)に保持されているデータを決められた順序に倣わなくとも(ランダムに)アクセスして読み書きできるという意味合いになります。
まあ、RAMは好き勝手にデータを保存したり読みだしたりできるメモリだと思っておけば良いです。

その特性をどんな場所で発揮しているのかというと、CPU(コンピュータの頭脳)です。
つまり、RAMとはCPUのための記憶装置を指しているのです。

CPUのための記憶装置のことをメインメモリとも呼ぶ為、RAM=メインメモリの関係が成り立っています
厳密には、メインメモリとしてRAMを使用するからメインメモリのことをRAMと呼ぶような感じです。
この辺はややこしいんです。

CPUのメモリをわざわざメインメモリと呼ぶのには理由があります。

CPUはコンピュータの頭脳です。
頭脳に求められているのは高速動作です。
指示を出したら迅速に対応してもらいたいですからね。
なので、データを読み込むスピードも速くして欲しいのです。
ですが、CPUの演算スピードは凄まじいものなので、下手なメモリだとその動きについていけません。
その為、メインメモリは応答スピードを重視しています

何事にも言えるのですが、何かを伸ばそうとすると何かを犠牲にする必要があります。
では、メインメモリは何を犠牲にしたのでしょうか?

答えは記憶力です。

自分は余計な情報を保持しないようにしてスピード重視にしているんですね。
ただ、記憶力が心許ないのでそこを補う必要があります。
その役割をHDDなどのストレージに頼んでいるんです。

ストレージに保存されたデータは、必要に応じてメインメモリが呼び出して使用します。
仕事で例えると、自分の手はなるべく空けるようにしてすぐ動けるようにする為に部下に仕事をぶん投げている上司がメインメモリで、上司に都合の良い時に使われる部下がストレージです

上司
上司

お前この案件のデータ手元に置いといて。
指示出したらすぐよこせな。

部下A
部下A

はい…。

この関係をそのままイメージして欲しいのですが、上司が忙しくなったら部下はどうなりますか?
指示が無ければ動きようがないですし、指示通り動いたとしても上司が忙しくて対応してくれないかもしれないですよね?
『PCの動作が遅くなったらメモリを軽くしろ』とよく言われる理由がこれです。
『上司(メインメモリ)が忙しくなって仕事が回らなくなってるから上司の仕事を減らして』と言っているんですね

部下B
部下B

この前の案件のデータ持ってきましたー(・∀・)ニヤニヤ

部下C
部下C

この前の案件のデータ持ってきましたぁ(・∀・)ニヤニヤ

上司
上司

知るか!今忙しいんだよ!!

最後に、メインメモリとその他のメモリの大きな違いを記述します。

先程、メインメモリは記憶力を犠牲にしていると述べましたよね?
ここにちょっと補足が必要です。

具体的に言うと、メインメモリは電源を落とした際にデータを保持できません
ストレージは保持できます。
前者を揮発性、後者を不揮発性と呼びます。

その為、メインメモリは記憶力を全部犠牲にしています
起きている間は忘れないんですけど、寝たら次の日にはきれいさっぱり忘れてるんです。
羨ましいですね。
だから、メインメモリはコンピュータの電源を入れ直す度に必要なデータを他のメモリから受け取ってるのです

ちなみに、メインメモリは半導体でできていて、電気的にデータの書き込みが可能です。
これが高速動作の秘訣ではあるのですが、設計担当でも無い限り特に覚えておく必要はないです。

3.まとめ

RAMとは、CPUのための記憶装置です。
メインメモリ=RAMという認識でも間違いではないです。

以上、「RAM」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました