【基本がわかる用語解説】 tanδとは?(※コンデンサ関連用語)

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「tanδ」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.tanδとは?

tanδとは、コンデンサ抵抗成分であるESRインダクタンス成分であるESLによる電圧電流位相差をtan(タンジェント)で表したものです。

理想的なコンデンサにはESRもESLも存在しないのですが、実際のコンデンサにはESRとESLが存在します。
するとどうなるのかと言うと、電力を消費するようになります。
だからコンデンサに通電していると熱を発生するのです。
逆に言うと、理想的なコンデンサって発熱しないんです。

図1

ESRとESLが存在することにより実際のコンデンサのインピーダンスは変化するので、電圧と電流に位相差が発生します
この辺りの考え方は以下の記事を参考にしてください。

この位相差を角度δ(デルタ)とし、δのことを損失角と呼びます。
δが発熱量(損失)に関係してくるので損失角と呼ぶわけです。
そして、この損失角δの正接(tan/タンジェントのこと)がコンデンサのデータシートに載っています
この値をからどの程度の損失が発生するのかわかるのです。

tanδ=ESR[Ω]/コンデンサのリアクタンス[Ω]なので、tanδが小さいほど損失が少なくなります。
tanδは小さければ小さいほど性能が良くなると覚えておきましょう。

3.まとめ

tanδとは、コンデンサの抵抗成分であるESRとインダクタンス成分であるESLによる電圧と電流の位相差をtan(タンジェント)で表したものです。
tanδが小さいほど損失が少なくなります。
関連する記事がありますので、興味があればそちらもご覧ください。

【基礎から学ぶコンデンサ】 コンデンサの特性① ~tanδや周波数特性について~
電気初心者の方でもわかりやすいようにイメージを意識してまとめてみました。今回はコンデンサの特性(tanδや周波数特性)についてです。

以上、「tanδ」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました