【基本がわかる用語解説】 短絡とは?ショートとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は短絡(ショート)についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.短絡(ショート)とは?

電気関係の業界に進んでいない方からすると『なんか電線から火花が出る現象をショートと呼んでいる気がする』程度の認識の方もいるかと思われるショート(短絡)の説明をしていきます。

モノには抵抗値というものが存在します。
抵抗値が大きいほど電流が流れにくく、抵抗値が小さいほど電流が流れやすくなります。

小学校・中学校の理科(化学?)の実験で、電池を豆電球に繋いで光らせたことはありませんか?
あれは回路が電池・電線・電球のみで構成された単純なものとなっています。
電球の抵抗値と電池の起電力から回路に流れる電流がどの程度が算出して、その電流が流れても問題の無い電線を使用しています。

なのですが、何らかの理由で電球の両端が直接電線で繋がってしまったとします。
するとどうなると思いますか?
電流は抵抗値が小さいほど電流が流れやすくなると述べましたよね?
電線も抵抗値を持ちますが、電流を流す為の経路なので当然抵抗値は低いです。
結果、電球にはほぼ電流が流れず、電線側にほぼ全ての電流が流れてしまいます
なので、電球は光らなくなります。

それだけならまだ良いのですが、もう一つ致命的な問題があります。
電池にまともな抵抗が繋がっていない状態になってしまうのです

こうなると、電線に想定していない大電流が流れるようになってしまうので、電線が電流に耐え切れずに発火するわけです
この”何らかの理由で電球の両端が直接電線で繋がってしまった”という現象のことを短絡もしくはショートと呼びます。
要するに、本来繋がってはいけない箇所が繋がってしまう現象を短絡と呼ぶのです。

短絡した結果大電流が流れて火花現象や発火に結びつくことがありますが、それは短絡の副次的な効果を指しています。
抵抗の繋がっている経路をすっ飛ばして回路がショート(short:短い)になってしまうからショート、短く絡んだ回路構成になってしまうから短絡というわけですね
語呂合わせで覚えてしまいましょう。

ちなみに、短絡の反対の現象は開放と呼びます。
こちらは読んで字の如くで、本来繋がっている回路を切ってしまうことを指しています

3.まとめ

短絡(ショート)とは、回路において本来繋がってはいけない箇所が繋がってしまう現象のことです。
短絡と開放については別途まとめてあるので、そちらも参考にしてみてください。

以上、短絡(ショート)についてでした。

タイトルとURLをコピーしました