【基本がわかる用語解説】 URIとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「URI」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.URIとは?

URIとは英語で[Uniform Resource Identifier]と書きます。
インターネット上の情報資源(Webページ)を識別するための方式のことです。

どんな方式なのかというと、以下のような方式になっています。

URL+URN=URI

・URL
インターネット上の情報資源の位置を表す。
インターネット上のWebページの住所のようなもの。

・URN
インターネット上の情報資源の識別番号・識別名称を表す。
インターネット上のWebページの名前のようなもの。

つまり、インターネット上の情報資源(Webページ)を位置情報及び識別番号で表しているのがURIです。

手紙を送る場合、宛先として住所名前を書きますよね?
あの形式で言う宛先がURIで、宛先の住所部分がURL宛先の名前部分がURNだと考えてください。

補足説明

インターネットとは、世界中の情報機器(PCやスマートフォンなど)を互いに繋いだ情報網のことです。
ちょっと調べものをしたいと考えた時、インターネットで検索して関連するページを開きますよね?
その開いたページは、文章・図・表・画像・動画などを組み合わせた文書です。
この文書がWebページです。
このWebページの置き場の位置情報及び識別番号がURIというわけです

上記の説明で思ったかもしれませんが、私たちが一般的にURLだと呼んでいたものは実際はURIに置き換わっています
ですが、長い間URLという呼び方をして浸透したからか、未だにURLと呼んでいる人は多いです。
私もそうですし、寧ろIT関係の仕事をしていないのでURIなんて聞いたことが無かったです。
根本的な意味だけは頭の片隅に置いといて、呼び方に関してはURLで統一しても齟齬が生まれる場面は無いと思いますよ?

3.まとめ

URIとは、インターネット上の情報資源を識別する為の方式のことです。
URLとURNの総称なので、位置情報と識別番号から情報資源を特定できます。

以上、「URI」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました