【言葉の意味の違い】 『個別』と『別個』の違いをわかりやすく解説!

言語

普段何気なく使っている言葉でも、よく考えると本当に正しい使い方ができているのか疑問に思うことはありませんか?
私はたまにあるので、辞書で調べて意味を噛み砕いてまとめたのが本記事です。
調査して考えた結果『多分こうだろう』という結論を載せていきますので、参考程度に留めていただけると幸いです。

今回は、『個別』と『別個』の意味の違いについてです。
基本的に結論だけ見ておけば知りたいであろう内容は載っていると思います。
より詳しく、雑学として知っておきたい場合は以降の項にも目を通してみましょう。

1.結論

「個別」は一つのモノをいくつかに別けること「別個」は別の個体もしくは「個別」と同様の意味を持ちます

意味が被っているので、”別の個体”という意味で使いたい時に「個別」を使わないようにだけは注意しましょう。

2.辞書から考える

まずは「個別」の意味です。

全体を構成しているものを切り離した一つ一つ。個々別々。「—に交渉する」「—指導」

引用:weblio国語辞典 デジタル大辞泉

一”個”のモノを”別”けるという意味ですね
「別ける」には、「 一つにまとまっているものをいくつかの部分にする」という意味がそもそもあるので、文字通りそのままの意味だと言うことですね。
ホールケーキを切り分けたらそれは個別のケーキになるという話です。

次に「別個」の意味です。

1 別のものであること。また、そのさま。「—な(の)立場で検討する」
2 一つ一つ切り離されていること。また、そのさま。個別。「それぞれ—な(の)問題として扱う」

引用:weblio国語辞典 デジタル大辞泉

“別”の”個”体を表している場合と、「個別」と意味が被っている場合があるようです。

3.実際の使用ケースから考える

「個別」と「別個」の違いについては調べても明確な答えは出てきませんでした。

辞書では一部意味が被っていますし、知恵袋なんかでは自信満々にソース不明の違いをレクチャーしている方もいました。
なんとなくこの場合は「個別」、この場合は「別個」と感じることもあるのですが、結局のところその”なんとなく”が正しいのかもわからないのです

なので、最低限”別の個体”という意味で使いたい時に「個別」を使わないようにだけは注意しましょう。

例①

「人それぞれ別個の倫理観を持っている」…◎
「人それぞれ個別の倫理観を持っている」…×

別々のモノを指しているので個別ではない。
一人一人が持っている倫理観は元々一つではないですからね。

例②

「内容を整理するために幾つかのポイントごとに別個で考える」…◎
「内容を整理するために幾つかのポイントごとに個別に考える」…◎

一つのモノを幾つかのポイントに別けて考えるので、別個でも個別でも構わない。

以上、『個別』と『別個』の意味の違いについてでした。


タイトルとURLをコピーしました