【基本がわかる用語解説】 ヒートシンクとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「ヒートシンク」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.ヒートシンクとは?

ヒートシンク[heat sink]とは、機器の熱を吸収して空気中に発散するための部品のことです。
いわゆる放熱板のことです。
[heat(熱)]と[sink(流し・沈める)]なので、英語から熱を流す・放出するみたいな意味は想像できますね。

機器に内蔵されているICなどの部品を動作させていると熱を持ちます。
その熱の程度によっては部品性能の低下・故障に結びつくこともあるので、熱を発散させる必要があります。
その為に使用すると良い部品の一つがヒートシンクです。

太陽光発電ってパネルの面積が大きければ大きいほど電気を多く作り出せますよね?
光が当たる面積が増えるから作れる電気も増える…当然ですね。

熱の影響についても同じことが言えます。
熱々になった物体があるとすると、空気に触れる面積が大きいほど熱がより逃げていくんです。

ヒートシンクがやっているのはこのイメージです。
ヒートシンクは、熱伝導率の高い金属を材料にしていて、熱を放出する方向の面を凸凹にしたり蛇腹状にしたりしています(※ この構造をフィンと呼ぶ)。
そうすることで、ヒートシンクがより空気に触れるようにしているわけです。
このヒートシンクを機器に触れさせることで熱を奪い、空気中に熱を発散しているのです
原理は単純なんですね。

ちなみに、あくまで空気中に熱を逃がす働きをするのがヒートシンクなので、機器周辺の環境温度が高いと意味を成しません。
空気中に熱を逃がしたいのに空気がそもそも熱いわけですからね。

3.まとめ

ヒートシンクとは、機器の熱を吸収して空気中に発散するための部品のことです。

以上、「ヒートシンク」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました