【基本がわかる用語解説】 OEMとは?

用語

普段使いしているけどよくよく考えると説明が難しい単語ってありませんか?
この記事は、私が疑問に感じた用語について調べてまとめたものとなっています。
イメージ重視で『ああ、そんな感じか』と理解したい人向けです。

今回は「OEM」についてです。

1.初めに

わからない用語を調べた際、用語の説明をするために他の用語が出現してくるので結局何を意味するのかわからなくなったという経験はありませんか?
私は結構あります。
特に、業界特有の用語なんてその業界の方は知ってて当たり前のように使用してくるので、全く解読できなかったりします。

残念ながら、本ブログに関しても同じことが言えます。
人それぞれどこまで理解しているかは当然異なってきますので、万人が理解できる記事を書くというのは不可能なのです
超初心者に合わせて毎回基礎中の基礎から説明してたら本題に入れませんからね。

その対策として、本ブログでは記事中に登場する一部の用語(※よくある青字下線表示をしてある)をクリックすると、別途その用語についてまとめた記事へ移動させるような形式を取っています。
そのまとめ記事の一部が本記事となります。
その為、まとめてある内容は基本中の基本で、『おそらくこんな意味なんだろうな』と理解してもらうのを目的としています。
わかりやすくがモットーです。
なので、難しい言い回しは極力避けますし、形式ばった書き方だと拒否反応が起きる方もいそうなので言葉遣いもゆるゆるにしていきます。

用語の一覧は本ブログトップの「用語集」というボタンから閲覧できるので、他にも気になる用語があったらそこを覗いてみてください。

2.OEMとは?

OEMとは英語で[Original Equipment Manufacturing/Manufacturer]と書きます。
直訳すると[オリジナルの装置製造]となりますが、実際は[相手先ブランド供給]と訳されます。
簡単に言えば、製造メーカが他社で企画を立ち上げられたブランド製品を代わりに製造することを指しています

A社(委託側)
A社(委託側)

企画を立ち上げたよ。

B社(受託側)
B社(受託側)

その企画書に則って製造するよ。

A社(委託側)
A社(委託側)

うちのブランド名で製品を販売するよ。

こんなイメージです。
衣食関係や車などによく普及しています。

こんな関係が成り立っているのはもちろん双方にメリットがあるからなので、どんな利点があるのかを説明していきます。

まずは委託側のメリットです。

  • 自社のブランドとして売りに出すので、自社のブランド名を広めることができる。
  • 製造を他社に任せるので、少ない資本金でも自社ブランド製品を生産できる。
  • 受託側は最小単位で生産が可能なので在庫管理がしやすい。(作り過ぎを防止できる)
  • 製造を任せている間に新製品の開発に注力できる。

次は受託側のメリットです。

  • 製造に集中できるので技術力向上に期待できる。
  • 委託された分生産数が増えて利益に直結する。

このようなメリットを加味して、お互いにWin-Winな関係が築けそうならOEMの契約が成されるわけです

もちろんデメリットもありますけどね。

委託側のデメリットは以下の通りです。

  • 他社で生産しているので、生産による利益分は得られない。
  • 他社で生産しているので、自社の生産技術は向上しない。
  • 受託側が将来的に競合社になる可能性がある。

受託側のデメリットは以下の通りです。

  • 自社のブランドとして売りに出さないので、自社のブランド名を広めることができない。
  • 委託側の采配で生産量が左右されてしまう。
  • 委託側からなるべく低価格要求される。

同じような用語にODMというものがあります。
こちらは、受託側に任せる範囲に企画まで含まれるようになります。

3.まとめ

OEMとは、製造メーカが他社で企画を立ち上げられたブランド製品を代わりに製造することを指しています。
実際に関わることがないなら、委託側は名前を売るのが目的、受託側は収益が目的でWin-Winな関係を結んでるくらいの認識で問題ないと思います。

以上、「OEM」についてでした。

タイトルとURLをコピーしました