【直流回路の基本】 ブリッジ回路のΔ-Y変換

電気電子

電気電子系は難しいイメージを持たれがちですが、基本から順番に抑えていけばそれほど難しくはありません。
どんな分野にも言えることですが、最初はよくわからないものですから。
本記事では、電気初心者の方でもわかりやすいように、順を追って説明していきます。
じっくり学んでいきましょう!

今回は、「ブリッジ回路のΔ-Y変換」についての説明です。

1.ポイント

ブリッジ回路のΔ-Y変換

Y回路の抵抗=Δ回路の2抵抗の積/Δ回路の3抵抗の和

2.ブリッジ回路のΔ-Y変換

『そもそもブリッジ回路って何?』、『平衡条件??』という方は「ブリッジ回路と平衡条件」から確認してください。

平衡条件を満たしていないブリッジ回路は、Δデルタ-Y変換をすることで回路を簡単にできます
Δ-Y変換とはどういったものなのか、以下の回路を例に説明していきます。

図1

普通のブリッジ回路が図1左側です。
少し書き方を変えたブリッジ回路が図1右側です。
赤枠部分にΔ型の回路がありますので、Δ-Y変換すると図2のようになります。。

図2

Y型に変換することで回路が簡単にできました!
つまり、Δ-Y変換とは実際に回路の形状をΔ型からY型に変換することを指します

それでは、Δ-Y変換する為の公式についての説明に移ります。
公式は以下の通りです。

公式についての補足説明をしていきます。
図3のようにΔ回路にY回路を書き足します。

図3

Y回路の抵抗Ra抵抗値は、隣接するΔ回路の2抵抗R1及びR2の積をΔ回路の3抵抗の和で割った値になります

同様に、Y回路の抵抗Rbの抵抗値は隣接するΔ回路の2抵抗R1及びR3の積をΔ回路の3抵抗の和で割った値、Y回路の抵抗Rcの抵抗値は隣接するΔ回路の2抵抗R2及びR3の積をΔ回路の3抵抗の和で割った値になるということです。

このように、隣接する抵抗が鍵になってくるので、Δ-Y変換する際にはΔ回路にY回路を書き足してイメージするとわかり易くなります

実際に使ってみるのが一番ですので、公式を使ってRa、Rb、Rcを求めてみましょう。

図4

以上、「ブリッジ回路のΔ-Y変換」についての説明でした。


タイトルとURLをコピーしました